OPPO Reno5 Aのスペックレビュー。Felica搭載スマホの中で高性能だが液晶ディスプレイだけが惜しい!

3 min 93 views
atoshimoduma

atoshimoduma

スマホやタブレットなどのガジェット情報を取り扱っています!
スマホはコスパ重視。その中でカメラ性能と電池持ち性能を重視しています。

FOLLOW

OPPO Reno5 Aの販売が決まりました。おサイフケータイ機能・防水防塵機能対応で高リフレッシュレートを採用しながら43,800円は悪くない価格設定だと思います。OPPO Reno5 Aのスペックを見た感想を書きます。

iPhone購入で最大20000ポイント還元!

OPPO Reno5 Aのスペック

OPPO Reno5 Aのスペック
OSColorOS 11
SoCSnapdragon 765G
メモリ(RAM)6GB
ストレージ(ROM)128GB
外部ストレージ対応
ディスプレイサイズ:6.5インチ
材質:液晶
解像度:2,400 x 1,080 FHD+
フレッシュレート:90Hz
タッチサンプリングレート:180Hz
重量182g
バッテリー容量4,000mAh
カメラ構成アウトカメラ:6400万画素広角カメラ+800万画素超広角カメラ+200万画素マクロカメラ+200万画素モノクロカメラ
インチカメラ:1600万画素
おサイフケータイ機能対応
防水防塵IP68
生体認証指紋認証/顔認証
SIM構成nanoSIM+eSIM(ワイモバイル版はシングルSIM)
Wi-Fi2.4GHz/5GHz
価格43,800円(税込)

iPhoneからの乗り換えでもスペックダウンを感じない性能

Androidスマホは色々あって何を選んで良いかわからないですよね。下手なAndroidスマホを買うと地獄をみます。日本メーカーのスマホだから大丈夫ってわけでもありませんからね。

その点OPPO Reno5 Aは大丈夫。

  • SoCはSnapdragon 765G
  • ディスプレイは液晶ではなく有機EL
  • Felicaと防水防塵機能の対応
  • リフレッシュレート90Hz

と充実したスペックです。SoC(スマホの頭脳)のSnapdragon 765Gは中の上の性能! iPhoneからの乗り換えでもスペックダウンを感じない性能でしょう。

ディスプレイも有機ELを採用していてリフレッシュレート90Hzにも対応。リフレッシュレート90Hzだと画面の滑らかさが通常の60Hzのスマホと違います。

Felica・防水防塵機能対応のSIMフリースマホの中でカメラ性能が良さげ!

Felica(おサイフケータイ機能)が必須だと考えている人も多いと思います。SIMフリースマホだとFelica対応は珍しいです。

OPPO Reno5 Aはおサイフケータイ機能にしっかり対応しています。おサイフケータイ機能に対応しつつカメラ性能の良いスマホって更に少ないんです。

OPPOのスマホは低スペックのスマホでも優秀。超広角カメラでも夜景モードが使えます。

Felica対応でカメラ性能の良いスマホならPixel 4aがありますが、残念ながらPixel 4aは防水防塵機能がありません。

おサイフケータイ機能・防水防塵機能に対応かつカメラ性能の良いスマホを探している人にOPPO Reno5 Aは良いと思います。

SIMフリー版はeSIM対応。IIJmioのギガプランを有効活用できる

eSIM対応機種に強力な選択肢が増えました。eSIMが使えるAndroidスマホは現状かなり少ないです。eSIMのメリットは少なかったですが、IIJmioのギガプランの登場により事情が少し変わりました。

下の記事に詳しく書いていますが、楽天モバイルとIIJmio(eSIMのギガプラン)をDSDVで組み合わせて使うと440円~で月々のスマホ代を抑えられます。OPPO Reno5 Aの価格は決して安くありませんが月々のスマホ代は安くできます。

OPPO Reno5 Aで気になったこと

有機ELから液晶へのスペックダウンが気になる

OPPOミドルスペックスマホの恒例といえるでしょう。今回ももれなくスペックダウンした箇所があります。それはディスプレイが有機ELから液晶になったことです

OPPO Reno AからReno3 AになったときはSoCがSnapdragon 710からSnapdragon 665へとスペックダウンしました。今回SoCの性能は上がりましたが、ディスプレイ性能は下がったと言えます。ディスプレイの質が気になる人は注意ですね。

ただ、リフレッシュレートが90Hzなのは良いですね。ミドルスペックスマホで高リフレッシュレートなのは少ないです。同価格帯のスマホとしてはRedmi Note 10 ProやAQUOS sense4 plusくらいです。

iPhone SEとほぼ変わらない価格

個人的にスマホの価格はiPhone SEをベースに考えています。個人的に予算が4万円以上ならiPhone SEをおすすめします。OPPO Reno5 Aは43800円とちょっとお高め。

スマホは何でも良いやって考えている人はiPhone SEのほうが良いかも!

created by Rinker
Apple(アップル)
¥40,478 (2021/06/14 00:31:30時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
シャープ(SHARP)
¥30,860 (2021/06/13 08:05:04時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ:ライバルはAQUOS sense4シリーズとiPhone SE

個人的にAQUOS sense4シリーズとiPhone SEがライバルと感じています。もうちょっと安いのが良いならAQUOS sense4シリーズ。電池持ちを気にしないならiPhone SE。OPPO Reno5 Aはちょうど間の機種かなと感じています。

OPPO Reno5 Aの購入先はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA