カテゴリー

eSIMのメリットデメリットの解説とオススメeSIM対応スマホの紹介!

SIMカードには普通のSIMカードとeSIMというものがあります。eSIMはSIMカードが必要のないシステム。SIMカードの抜き差しがなく即日開通できるのが魅力です。 
ただ、現状はデメリットが大きいです。eSIMのメリットデメリットを解説します。

 

そもそもeSIMとは?

eSIM

スマートフォンでモバイル通信するためにはスマホのSIMトレイを引き出し、SIMカードをいれる必要があります。しかし、eSIMならその必要はありません。物理的なSIMカードが必要ないのです。これによりネット上でスマホの通信契約する場合もSIMカードの到着を待つことなく行うことができます。

 

基本的にeSIMにメリットは少ない

結論からいうと、eSIMか普通のSIMカード(nanoSIM等)をどちらか選択できる場合は普通のSIMカードを選択したほうが良いです。

ただ、私はeSIMを楽天モバイル IIJmioの2社契約しています。それはeSIMを契約する必要があったからです。

eSIMを契約すると良い場合というのは、

  1. eSIMしか使えない機種(例えばRakuten MiniやRakuten BIG)でモバイル通信したいのでeSIMを契約する必要がある
  2. 即日開通したい、する必要がある
  3. DSDVしたいがeSIMが必要(例えばiPhoneシリーズやPixelシリーズ)

主にこの3つです。私の場合はこの1番と2番でした。

Rakuten Mini

Rakuten MiniはeSIMしか対応していない

1番の場合は当然eSIMを使うしかありません。

 

Pixel 4a

Pixel 4aでDSDVしたい場合eSIMを使う必要がある

上の条件をご覧いただけたらわかる通り、eSIMは契約する必要がある場合のみ契約するものなのです。物理的なSIMカードとeSIMどちらか選べるのなら少なくとも現在はeSIMを選ぶメリットはないかと思います。

 

デメリット

デメリットから紹介します。

eSIMに対応しているスマホが少ない

そもそもeSIMに対応しているスマホが少ないです。以下にeSIM対応機種を挙げてみます。

 

Pixelシリーズ

  • Google Pixel 4
  • Google Pixel 4 XL
  • Google Pixel 4a
  • Google Pixel 4a(5G)
  • Google Pixel 5

iPhoneシリーズ

  • iPhone 12
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro MAX
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR

その他

  • Rakuten BIG
  • Rakuten Mini
  • AQUOS sense4 lite
  • OPPO A73
  • Huawei P40 Pro 5G

 

これを見てもわかる通り、Pixel、iPhoneが多くを占めています。私が確認したところその他機種は5台程度です。しかも、この5機種の内のRakuten BIGとRakuten Miniは楽天モバイルから専売されているeSIMのみに対応している機種です。

ということでほとんどのAndroid機種はeSIMに対応していません

少ないということはeSIM対応機種→eSIM非対応機種への機種変更の手間が1つ増えてしまいます。普通のSIMカードなら機種間で挿し替えるだけでいいわけですから。

機種変更(eSIMの挿し替え)に手数料と手間がかかる

機種変更の手数料は痛いですね。例えば楽天モバイルでは3300円IIJmioでは220円かかります。

楽天モバイル では無料になりました。詳しくは楽天モバイルでSIMカードの再発行手数料が無料に変更! eSIMが使いやすくなった!という記事に書いてあります。


普通のSIMカードでは普通必要のないお金です。特に楽天モバイルの3300円は高いです。これが1番のデメリットです。
また、普通のSIMカードなら自由に自分で挿し替えが可能なので機種変更も楽ですが、eSIMの機種変更はアプリを介してしなければなりません。ただ、楽天モバイルのeSIMをRakuten MiniからPixel 4aに移す方法という記事に書いてありますが、手間がかかりますが難しくもありません。

eSIMを取り扱うのは楽天モバイル、IIJmio、BIC SIMくらい

と書きましたが、音声SIMならさらに選択肢が狭まりキャリア3社と楽天モバイル のみ。選択肢が少ないのは痛い。
何故取り扱いが少ないのが良くないかというと機種がeSIMとnanoSIMのデュアルSIMならまだ良いですが、例えばeSIMオンリーのRakuten MiniやRakuten BIGなどの機種で音声通話したければ楽天モバイル しか選択肢がほとんどないということになります。
逆にeSIMオンリーの機種はあまりオススメできないということになります。

 

eSIM取り扱い↓

楽天モバイル

IIJmio

BIC SIM

 

メリット

散々デメリットを書きましたが、一応メリットはあります。

即日開通できる

Rakuten Mini

私はeSIM対応機種の元々楽天モバイルで販売されていたRakuten MiniをIIJmioのeSIMを契約しましたが、すぐに開通できました。物理的にSIMカードが必要ないのですぐに開通できるのがメリット! 

楽天モバイルの音声SIMもIIJmioよりは時間がかかるでしょうが、即日開通できます。

私はRakuten Miniの楽天モバイル回線をPixel 4aに移して使っていますが、これもすぐに開通できました。機種変更もそこまで手間はかかりません。詳しくは下の記事に書いています。

楽天モバイルのeSIMをRakuten MiniからPixel 4aに移す方法
Pixel 4aは楽天回線に対応しています。そこで元々持っていたRakuten MiniからPixel 4aに機種変更することにしました。Rakuten MiniのeSIMをPixel 4aに移す方法を説明します。

ただ、開通にはWi-Fi環境とQRコードを読み込むためにeSIMを使う機種以外にパソコンや他のスマホが必要です。パソコンや他のスマホに表示されたQRコードを読み込むため。ここだけは注意!

キャリアとの併用(DSDVで)で通信費を下げられる(iPhoneやPixelシリーズなどで)

Androidスマホでは一般的になってきた2枚SIMカードを挿して、通信費を抑えるやり方があります。いわゆるDSDV(DSDSも)というもの。
私は格安SIMの電話の質に不安を覚え、電話の回線はDocomo、ネットの回線は格安SIMという構成でスマホを使っています。


ただ、iPhoneやPixelシリーズはeSIM+nanoSIMという構成なので、DSDVをしたい場合nanoSIM+nanoSIMで使うことができません。
なのでiPhoneやPixelなどでDSDVがしたい場合はeSIMを使うしか基本的にないということになります。

例えばPixel 4aをNanoSIMをソフトバンクの回線で使い、eSIMの枠をIIJmioという構成で使うことによりスマホのネット代を下げることも可能。iPhoneやPixelシリーズでDSDVをして通信費を下げたいならeSIMを使いましょう。

 

5万円以下で買えるeSIM対応オススメ機種!

ここではコスパの良いオススメ機種を紹介します。紹介のスマホはIIJmio楽天モバイルの回線どちらにも対応しています。

iPhone SE(第2世代)


iPhoneでありながら5万で買えるコスパの良さが素晴らしいです。性能はカメラ以外はiPhone 11と同等です。
5万円以下で買えるeSIM対応機種ではこれがiPhone SEが1番性能が高いです。
残念なところはカメラのレンズが1つで超広角カメラが使えないところ。バッテリー容量が少ないので電池持ちが不安なところでしょうか。

安くiPhone SEを買う方法はIIJmioでiPhone SEの未使用品を選ぶことでしょうか。

それかApple Storeで購入し別途IIJmio楽天モバイルの回線を契約するのもありでしょう。

 

 

Pixel 4a

Pixel 4a
5万円以下のスマホの中ではトップクラスのカメラ性能を誇るのが、Google純正スマホのPixel 4aです。ここの記事でも書いていますがカメラの夜景モードが本当に優秀です。夜景撮影ならハイエンドスマホに勝るとも劣らずです。
SoCも性能の良いSnapdragon 730Gでディスプレイは有機EL。ストレージもたっぷり128GBあります。あと軽い! SIMフリースマホに珍しいおサイフケータイ機能もあります。
残念なところは超広角カメラと防水防塵性能がないこと。あと、電池持ちが最近のスマホの中では良くないところでしょう。
購入はGoogle Storeかソフトバンクで販売しています。Google Storeで購入しIIJmio楽天モバイルの回線のもありですね。

Pixel 4aの関しては色々記事を書いていますので、良かったらご覧ください。

 

関連記事

Pixel 4aの徹底使用レビュー! 使ってわかった良いポイント、気になるポイント!
Pixel 4aを使用して1ヶ月以上経過したのでレビューしようかと思います。結論から書くと買って後悔のないスマホだと考えています。 Pixel 4aを購入した理由は夜景モードを主としたカメラ性能に惹かれたからです。使ってカメラ性能はハイエンドスマホクラスと確信。ただ、気になったポイントも多々ありました。 使ってわかったPixel 4aの良いポイント、気になるポイントを紹介します。
Pixel 4aの夜景モードの作例。圧巻の夜景が撮れるスマホ!
Pixel 4aは暗所に強いカメラが特長です。そこでPixel 4aの夜景モードで大阪の夜景を撮影してみました。 Pixel 4aの夜景の作例、夜景モードの特徴をまとめましたので、ご覧ください。
Pixel 4a(Snapdragon 730G)のベンチマークのまとめ。 Antutu、Geekbench 5、PCMarkなど
Pixel 4aはSnapdragon 730Gを搭載したスマホです。Pixel 4aを様々なアプリでベンチマークを計測しました。Snapdragon 720G搭載のRedmi Note 9Sとも比較していきます。

 

商品ページ

Pixel 4a

Pixel 4aをソフトバンクで購入したい場合はこちら!↓

 

Rakuten Hand

楽天モバイルから販売されているスマホ。2万円で、

  • Snapdragon 720G
  • メモリ4GB、ストレージ64GB
  • おサイフケータイ
  • 有機ELディスプレイ
  • 防滴防塵

と色々揃っているスマホ。eSIMオンリーなのとMicroSDカードが使えないことだけが弱点。楽天モバイルでめちゃくちゃポイント還元されているのでかなりオススメ。

 

関連記事

Rakuten UN-LIMIT200万回線突破記念でRakuten UN-LIMIT Vの申し込みで還元されるポイントが5,000ポイントから7,000ポイントに増額! Rakuten Handとの同時購入もポイントアップは熱い!
楽天モバイルにおいて2021年1月22日9:00より2021年2月2日(火)8:59まで、Rakuten UN-LIMIT200万回線突破記念でRakuten UN-LIMIT V申し込みで還元されるポイントが5,000ポイントから7,000ポイントに増額されました。 スマホとのセットではなく回線契約だけで7000ポイントもらえるので、ただで7000ポイントもらえるキャンペーンということになります。通常時5000ポイントなので2000ポイントの増額です。合わせて元々行っていたRakuten Handの実質0円キャンペーンで貰えるポイントも2000ポイント増額されました。こちらも注目ですよ。
Rakuten Handのスペックレビュー。Felica、スナドラ720Gで2万は安い。
楽天モバイルで販売が発表されていたRakuten Handの価格が発表されました。価格は税込み20000円。「Rakuten UN-LIMIT V」と一緒に申し込むと、最大15020円相当のポイント還元があって実質4,980円で購入できます。Snapdragon 720GとFelicaつまりおサイフケータイ搭載で20000円は安い。ただし、注意する点もあります。スペックを解説します。

AQUOS sense4 lite

 

楽天モバイル から発売されたSHARPの最新スマホAQUOS sense4 liteはかなり優等生なスマホです。
SoCはSnapdragon 720GでRAMは4GBで普段使いにストレスの全くない性能。Snapdragon 720GはRedmi Note 9Sと同じSoCなのでXiaomi Redmi Note 9Sのベンチマークをテスト!という記事を参考に見てください。
バッテリー容量と4500mAh以上あり電池持ちに不安なし。防水防塵性能とおサイフケータイ性能もあります。SIMフリーで防水防塵とおサイフケータイが揃っている機種は珍しいです。
残念なポイントはカメラに超広角カメラがない(望遠カメラはある)ことくらいでしょうか。

楽天モバイル専売モデルですが、商品だけ購入してIIJmioの回線を使うなんてこともできます。当然楽天モバイルで通信契約するのもありです。

 

まとめ

eSIMは、

  1. eSIMにしか対応していない端末でモバイル通信をしたい
  2. 即日開通したい
  3. DSDVをして通信費を下げたいが、機種がnanoSIMとnanoSIMに対応していない。nanoSIMとeSIMの仕様

人向けです。この記事を参考にeSIMのことを理解してeSIMを契約していただけたらと思います。

 

関連記事

楽天モバイルの料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」を解説! 楽天モバイルのメリットとデメリットは?
楽天モバイルの新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」が発表されました。ライトユーザーにもヘビーユーザーにも利用しやすいプランになっています。正直こんなに誰にも勧められる通信会社は楽天モバイル以外ありません。 楽天モバイルのプランのメリットとデメリットの解説をします!

 

紹介したeSIM取り扱いの通信サービス↓

楽天モバイル

IIJmio

BIC SIM

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました