国内版ZenFone3の開封&レビュー!

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-07-16-54-12

国内版ZenFone 3が届きました。ここでは開封とざっくりしたレビューを行います。

項目 スペック
OS Android6.0
CPU Snapdragon625 2.5GHz 8コア
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
ディスプレイ 5.2型 フルHD
カメラ 背面:1600万画素

前面:800万画素

バッテリー容量 2650mAh
SIMカード NanoSIM/MicroSIM
価格(税込) 42,980円

開封

img_20161007_114356

日本の禅をイメージしているようなのでなんとなく畳の上に置きました。

p_20161007_164110_vhdr_auto

付属品はイヤホン、SIMピン、製品保証書、ACアダプタとケーブルなどですね。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-07-16-54-12

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-07-16-54-39
%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-07-16-54-54

わたしが選んだカラーはパールホワイト。なかなかカッコいいですね。これだとブラックも期待できそう。Zenfone3Deluxeに比べるとデザインはいまいちなのかと思っていましたが杞憂のようです。それに意外と全然指紋が付かないです。これは嬉しい。

ただ、カメラの出っ張りは少し気になります。あと、ボディがガラス素材なので落としたらバリバリに割れてしまいそう。ケースを付けたほうが無難ですね。

さっそく性能をチェック

ベンチマークアプリを使って性能を見てみました。後日詳しくやってみるつもりですので今回は少しだけ。

screenshot_20161007-124247

使ったのはAnTuTu Benchimarkというアプリ。6万点越えですね。大体iPhone5sと同じくらいのスコアのようです。

img_20161007_120804

次は指紋認証。設定すると背面の指紋センサーにわずかに触れるだけで画面のロックが解除されました。わたしはFREETELの極を使っていましたが、それに比べると段違いにロックの解除が早いですね。

ただ、一つだけ注意点が。この端末には指紋センサーをダブルタップするとカメラが起動する、という機能があります。しかし、あまりに指紋センサーが敏感なのが原因なのかはわかりませんが、誤作動でカメラが起動してしまうことが結構ありました。便利な機能ですがわたしはこの機能をオフにしました。

カメラに関連して言うとスクリーンショットの音を無音に設定することができます。これはありがたい。電車内でスクリーンショットを撮るのってためらわれますよね。Zenfone3だとこのことは気にしないで良さそうです。ちなみにスクリーンショットは音量マイナスボタンと電源ボタン同時押しかマルチタスクボタン長押しで撮ることができます。後者がかなり簡単でおすすめです。

p_20161007_141055_vhdr_auto

p_20161007_140556_vhdr_auto

最後はカメラ。初期設定のまま撮影しましたがなかなか綺麗に撮れているように見えます。手ぶれ補正やレーザーオートフォーカスといった目玉機能もありますのでカメラに関しても後日詳しくレビューします。

総評

使ってまだ一日も経っていませんがかなり満足感があります。ポケモンGOもやってみましたがGPSのつかみも良好でした。ウェブ閲覧やゲームでもストレスを感じるようなことは全くないですね。4万円の価値はありますね。

今後、ベンチマーク、電池持ち、カメラ機能について徹底的にレビューしていきたいと思いますので良ければまたご覧ください。

関連記事

Zenfone3の実力をベンチマークアプリで検証!

Zenfone3のカメラ性能をレビュー! 手ぶれ補正とオートフォーカスが最高!

Zenfone3の電池持ちを徹底レビュー! 動画再生とポケモンGOで検証!

ASUSのZenfone3の二週間使用レビュー、SIMフリー初心者から玄人までの幅広い人におすすめの端末

スポンサーリンク