Zenfone3のカバーをTPUから手帳型に変えた感想

Zenfone3のカバーを変えました。理由は2つ。

使っていたTPU素材のカバーが黄ばんで来たこと。TPU素材は滑りにくく、割れず、衝撃も吸収してくれるのが良いところですが、長く使用していると黄ばんでくることが短所です。わたしの場合、何か黒ずんでもいますね。


二つ目の理由はZenfone3の「ASUS Cover」機能を使いたかったこと。そのためには穴の開いた手帳型のカバーが必要なんですよね。

ASUS純正のカバーもありますが、ちょっとお高いので違うものを購入。そのレビューとTPU素材との比較を行います。

外観


わたしが購入したのはMYLBというところが出している手帳型カバー。穴が開いているのでASUS Cover機能が使えます。色はゴールドを選びました。

取り出してみるとZenfone3のディスプレイを模した厚紙が挟まっています。

色はゴールドというよりダンボール色かな。

厚紙を取るとこんな感じ。

早速問題点を発見。電源ボタンの下に思いっきり傷が付いています。

装着してみた

装着してみました。見た目は悪くない感じ。

装着すると自動的にASUS Coverが作動。お洒落ですね。

装着した感想

指紋認証がしにくい

指紋センサーの周りが空いていないために指紋センサーにタップしづらいです。背面側のカバーが薄くないので指全体で指紋センサーに触れることが難しいです。指紋認証を重宝しているわたしにとってはマイナスポイント。

Zenfone3の美しい背面が全く見えない

側面は黒いゴム素材、背面はレザーで覆われているのでZenfone3の美しいガラスボディが全く見えません。TPU素材は透明なので少しは美しいボディを垣間見ることができましたが、残念ながら手帳型では不可能。

指紋認証を重宝している人にはTPUケースがおすすめ

個人的に使い勝手はTPUケースのほうが手帳型より良かったです。iPhoneのように前面に指紋センサーが搭載されている機種は手帳型も良いとは思いますが、Zenfone3のように背面に搭載されている機種に手帳型は合わないように感じました。

TPUは黄ばむという欠点はありますが、使いやすいです。何より安い。買い換えやすいのも良いポイントだと思います。

ただ、今回の手帳型ケースはASUS純正のものではありません。傷も付いていましたしね。ASUS Cover機能を使用したく、より良い手帳型ケースが欲しい方はASUS純正のケースをおすすめします。

公式

ASUS公式オンラインショップ

スポンサーリンク