楽天モバイル版AQUOS sense7のファーストインプレッション。デザインがフラグシップに近づいた!

3 min 2,696 views
AQUOS sense7
当サイトのコンテンツにはプロモーション(広告)が含まれています
atoshimoduma

atoshimoduma

スマホやタブレットなどのガジェット情報を取り扱っています!
スマホはコスパ重視。その中でカメラ性能と電池持ち性能を重視しています。

FOLLOW

AQUOS sense7のファーストインプレッションを書きます。購入したのは楽天モバイル版のAQUOS sense7です。AQUOS sense7を触って感じたことを書いていきます。

最大24,000ポイント還元!

AQUOS sense7のスペック

AQUOS sense7
AQUOS sense7のスペック
OSAndroid 12
SoCSnapdragon 695 5G
メモリ(RAM)6GB
ストレージ(ROM)128GB
外部ストレージ対応
ディスプレイサイズ:6.1インチ
材質:有機EL IGZO OLED
解像度:FHD+ / 2,432 × 1,080
フレッシュレート:60Hz
重量158g
バッテリー容量4,570mAh
カメラ構成アウトカメラ:5,030万画素広角カメラ+800万画素超広角カメラ
インチカメラ:800万画素
おサイフケータイ機能対応
防水防塵IPX5・IPX8(お風呂防水対応)/IP6X
生体認証指紋認証/顔認証
SIM構成nanoSIM+eSIM
Wi-Fi2.4GHz/5GHz
価格49,980円(楽天モバイル版)

AQUOS sense7の同梱物をチェック!

AQUOS sense7の同梱物をチェックしましょう。同梱物は3つとかなりシンプルです。

  1. AQUOS sense7本体
  2. クイックスイッチアダプター
  3. クイックスタートガイド

同梱物は上記の3点となります。クイックスイッチアダプターはスマホのデータ移行に使うことができます。

充電ケーブルもACアダプターもないので注意が必要です。特にiPhoneからの乗り換えならType-Cケーブルが必要となります。もしType-Cケーブルなどを持っていない場合はAQUOS sense7と共に購入しておきましょう。

AQUOS sense7のデザインをチェック!

AQUOS sense7のデザインをチェックします。カラーはライトカッパーを選びました。

私は前のモデルのAQUOS sense6もライトカッパーを選びましたが、同じライトカッパーでもだいぶ色味が違います。

AQUOS sense6
AQUOS sense6

前モデルのAQUOS sense6はオレンジっぽい印象です。AQUOS sense6に関しての記事も書いておりますので、気になった方はご覧ください。

対して今回のAQUOS sense7はシルバーに近いような色味をしています。

色味に関しては完璧に好みの問題といって差し支えないでしょう。

持った印象は「相変わらず軽い」ということ。AQUOS sense6も軽量でしたがAQUOS sense7も軽さを引き継いでいます。158gと非常に軽いです。

今回の大きく変更されたのがカメラデザインです。

広角カメラと超広角カメラ

背面上方中央に大きくカメラが主張しています。これは完全にSHARPのフラグシップモデルAQUOS Rシリーズを思い起こさせるデザインです。「ミドルレンジスマホだけどカメラはフラグシップモデル級だよ」というようなSHARPの意志を感じます。他のミドルレンジスマホとは一線を画す高級感のあるデザインです。

また別にAQUOS sense7で撮影した記事を書く予定ですが、Twitterに何枚か写真を載せています。参考程度にご覧ください。

前面から見るデザインはカメラデザインと違い平凡です。下のベゼルはやや太い印象です。

AQUOS sense7の下部にはイヤホンジャックやスピーカーがあります。最近のスマホはイヤホンジャックを排除しがちですが、AQUOS sense7にはあります。

右側面には音量ボタン、電源ボタン、そして指紋認証センサーがあります。触ってみてこの電源ボタンとは独立している指紋認証センサーが若干微妙に感じます

下に位置していて左手で認証しようとすると薬指くらいの位置になってしまいます。右手の親指で認証するにもスマホを握る位置を下げる必要があり違和感を覚えます。指紋認証の精度は悪くないですが、やりづらい印象です。またポケットにAQUOS sense7を入れている状態でAQUOS sense7を握ると登録していない手の部分に指紋センサーが触れてしまい、誤作動してしまいます。

誤作動が気になる人は指紋認証ではなく顔認証のみにするのも1つの手でしょう。

左側面は何もありません。

上部にはSIMカードスロットがあります。SIMピンを使わず爪を使って開けるタイプとなっています。

初期ストレージとプリインストールアプリ

楽天モバイル版のAQUOS sense7を購入したので当然楽天関係のアプリがプリインストールされていると思いがちですが、そのほとんどがインストールするかを選べます。

初期設定の際に上のようにチェックを外せばほとんどの楽天関係のアプリをインストールせずに済みます。

チェックを全て外してアプリの更新を済ませた状態のストレージは20GBとなっています。

まとめ

AQUOS sense7を触って感じたことは、

  • デザインはフラグシップモデルに近づいた
  • 相変わらず軽いのは良い
  • 指紋センサーの誤作動や位置が気になる

ということです。デザインに関しては順当に進化しているように感じました。これからAQUOS sense7をじっくりと触っていきたいと思います。

楽天モバイルでAQUOS sense7をチェック!

atoshimoduma

atoshimoduma

スマホやタブレットなどのガジェット情報を取り扱っています!
スマホはコスパ重視。その中でカメラ性能と電池持ち性能を重視しています。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA