似ているNuAns NEO ReloadedとZenfone3のスペックを比較

Android
スポンサーリンク

 

 

この二機種似ています! 五月に発売予定のNuAns NEO Reloadedと大人気SIMフリースマホZenfone3です。スペックの構成が似通っています。ここでは両機種のスペックの違いを説明します。

 

 NuAns NEO ReloadedZenfone3
メーカートリニティASUS
OS Android 7.1Android 6
SoC Snapdragon 625Snapdragon 625
メモリ 3GB3GB/4GB
ストレージ 32GB32GB/64GB
外部ストレージ MicroSD:最大1TBMicroSD:最大1TB(5.5インチモデルは2TB)
ディスプレイ 5.2インチ フルHD

シャープ製液晶

Dragontrail Pro

5.2インチ/5.5インチ フルHD

IPS液晶

Gorilla Glass 3

カメラソニー製センサー

アウトカメラ:1300万画素 F値 2.0

インカメラ:800万画素 F値 2.4

ソニー製センサー

アウトカメラ:1600万画素 F値 2.0

インカメラ:800万画素 F値 2.0

光学式手ぶれ補正

TriTechオートフォーカス

バッテリー容量 3450mAh2650mAh/3000mAh
SIMカードサイズ Micro(Nano SIMアダプターを同梱)Nano SIM×1(MicroSDカードと共用)

Micro SIM×1

重量 ?144g/155g
Wi-Fia/b/g/n/aca/b/g/n/ac
Bluetooth4.1 4.2
価格税込49,800円 税込42,984円/46,224円
センサー加速度センサー、ジャイロセンサー、地磁気センサー、近接センサー、環境光センサー、ホールセンサー加速度センサー、ジャイロセンサー、地磁気センサー、近接センサー、環境光センサー、ホールセンサー
指紋センサー
防水防塵防水防滴規格:IP54(防塵(IP5X)、防滴(IPX4))×
デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)×
NFC×
おサイフケータイ×
急速充電Quick Charge 3.0○(Quick Charge 3.0ではない)
備考USB Type-C

ストラップホールあり

au回線使用可能

USB Type-C

ハイレゾ対応

au回線使用可能

Googleドライブ 100GB(2年無料)

 

関連記事

トリニティのNuAns NEO Reloadedのスペックレビュー!
トリニティがSIMフリースマホ「NuAns NEO Reloaded」を発表しました。トリニティといえば2016年にOSがWindowsのSIMフリースマホを出したことで話題になりました。今回お洒落な見た目はそのままにOSはAndroid 7を搭載しました。ここではスペックをまとめます。
ZenFone3に5.5インチモデルが登場。価格は税込46,224円
国内版ZenFone3の5.5インチモデルの発売が決定しました。発売日は3月17日で価格46,224円です。既に発売されている5.2インチモデルとはどう違うのかを解説します。

両機種の性能はほぼ同じ。まとまった性能を持っている

スポンサーリンク

 

両機種のSoCはSnapdragon 625というもの。これは性能で言うと中の上くらいです。iPhoneシリーズと比べるなら5sと同等の性能です。一見すると能力として不十分かと思いますが、全く問題なし。ブラウジングやSNSや軽いゲーム(わたしの場合パワプロやポケモンGO)ならストレスを感じることはありません。性能ではiPhone7やSnapdragon 821(Androidに

現在搭載されている最高のSoC)には敵いませんが、省電力性ならSnapdragon 625のほうが上です。軽い使い方をする人にとってSnapdragon 625は高性能SoCよりむしろイイです。

メモリはNuAns NEO Reloadedが3GB、Zenfone3が5.2インチモデル3GBで5.5インチモデルは4GBとなっています。現状、スマホのメモリは2GB以上が最低ライン。メモリに不満を持つことはないでしょう。

解像度はフルHDです。解像度は4K、2K、フルHD、HD……の順に良いです。スマホの小さい画面ならフルHDで十分。正直2KとフルHDの違いなんてわかりません(わたしにはわからん)。解像度が高いと電力消費もかさみます。フルHDくらいがちょうど良いです。

両機種とも能力面において目に見える欠点はありません。指紋センサーも搭載されておりロック解除も楽々。キャリアスマホから乗り換えて性能にガッカリ──なんてことはないはず。

カメラ性能はZenfone3に軍配

Zenfone3のカメラは非常に優秀です。独自のオートフォーカスシステム「TriTechオートフォーカス」や光学式手ぶれ補正が搭載されています。オートフォーカスの速さは本当に便利。オートフォーカスが速いから撮るタイミングを逃すことが少ないです。光学式手ぶれ補正のおかげで手持ちでもブレないですしね。

一方、NuAns NEO Reloadedのカメラは過度に期待しないほうが良いです。ソニー製のセンサーを搭載していますし、画素数は1300万画素ありますけどね。カメラはソフトウェアが重要です。トリニティはスマホメーカーとしては新参者。カメラのソフトウェアが作りこまれているかは疑問です。勿論、良い可能性もあります。手に取って確かめると良いでしょう。

Zenfone3のカメラ性能をレビュー! 手ぶれ補正とオートフォーカスが最高!
Zenfone3のカメラ性能をレビュー! Zenfone3で大阪駅周辺を撮影してみました。

電池持ちはNuAns NEO Reloaded。だがZenfone3も良い

電池持ちはNuAns NEO Reloadedが上でしょうね。上述しましたが省電力性に優れたSoCと3450mAhもの大容量バッテリー搭載しています。その上液晶はシャープ製(おそらくIGZO)。これも省電力を売りにしています。

ただ、Zenfone3も悪くないどころか良いです。特に5.5インチモデルは3000mAhありますしね。両機種とも電池持ちに頭を抱えることはないでしょう。

Zenfone3の電池持ちを徹底レビュー! 動画再生とポケモンGOで検証!
ASUSのZenfone3の電池持ちを徹底レビューします。動画再生とポケモンGOでどれぐらいバッテリーを消費するのでしょうか?

キャリアスマホに近い使い方をしたいならNuAns NEO Reloaded、DSDSをしたいならZenfone3

 

防水防塵やおサイフケータイ機能がなくてSIMフリースマホを使えないよ──という人もいたと思います。でも安心してください。NuAns NEO Reloadedなら可能ですよ。NuAns NEO Reloadedならキャリアスマホにお馴染みの機能を使用できます。

 

一方、残念ながらZenfone3には防水防塵機能もおサイフケータイ機能もありません。ただその代わりと言ってはなんですが、DSDSは使えます。デュアルSIMデュアルスタンバイを活用して通信費を抑えたい人はZenfone3をおすすめします。

まとめ

キャリアスマホに近い性能ならNuAns NEO Reloaded、高性能カメラとDSDSならZenfone3です。両機種は差別化できています。購入を考えている人は用途を考えて選びましょう。

 

購入はこちらから
Zenfone3 5.2インチモデル(ブラック)
Zenfone3 5.2インチモデル(パールホワイト)
Zenfone3 5.2インチモデル(クリスタルゴールド)
ZenFone 3 5.5インチモデル(ブラック)
ZenFone 3 5.5インチモデル(パールホワイト)

 

公式

NuAns NEO Reloaded

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました