オススメ記事
Rakuten UN-LIMIT200万回線突破記念でRakuten UN-LIMIT Vの申し込みで還元されるポイントが5,000ポイントから7,000ポイントに増額! Rakuten Handとの同時購入もポイントアップは熱い!
楽天モバイルにおいて2021年1月22日9:00より2021年2月2日(火)8:59まで、Rakuten UN-LIMIT200万回線突破記念でRakuten UN-LIMIT V申し込みで還元されるポイントが5,000ポイントから7,000ポイントに増額されました。 スマホとのセットではなく回線契約だけで7000ポイントもらえるので、ただで7000ポイントもらえるキャンペーンということになります。通常時5000ポイントなので2000ポイントの増額です。合わせて元々行っていたRakuten Handの実質0円キャンペーンで貰えるポイントも2000ポイント増額されました。こちらも注目ですよ。
AmazonからAmazon整備済み品のiPhoneが登場。オススメのiPhone、買ってはいけないiPhoneを紹介!
AmazonからAmazon整備済み品のiPhoneが登場しました。iPhoneのラインナップはiPhone 7からiPhone 11シリーズまで。ぱっと見iPhoneを安く買う方法に見えますが、果たしてお買い得な製品はあるのでしょうか? 解説します。
Banggoodクーポン情報:1/15~OnePlus 8が激安!
海外ECサイトのBanggoodからクーポンが発行されました。特にOnePlus 8シリーズが安いので共有しておきます。 OnePlus8が57,024円~。1/30までなのでお早めに  9.99 For OnePlus 8...
カテゴリー

Pixel 4aでAlways On Displayはどれだけ電池を消費するのか?

Pixel 4a

Pixel 4aのAlways On Display機能はスリープ時でも通知が常に表示され便利な機能です。ですが、電池消費量が増えてしまうのが少し残念なポイント。ということでPixel 4aでのAlways On Display機能の電池消費量を調べてみました。

 

Pixel 4aの徹底使用レビュー! 使ってわかった良いポイント、気になるポイント!

 

電池使用量が増えると明記されている

Pixel 4a Always On Display

Always On Displayは有機ELを活かした電池消費量が少ない機能のはずですが、残念ながら「電池使用量が増えます」と明記されています。はたしてどこまで増えてしまうのか。

スリープ状態とAlways On Displayで比較

スリープ状態での電池消費量とAlways On Displayを使用してのスリープ状態の電池消費量を比較してみます。

 

Pixel 4a 電池消費
スリープ状態で10時間放置しました。
放置した状態で96%まで電池が減りました。単純計算すると1時間あたり0.4%のバッテリー消費。ただのスリープ状態で4%減ってしまうのは、やはりPixel 4aの電池持ちはあまり良くないですね。Pixel 4aの電池持ちについては既に書いているので、ぜひご覧ください。

 

Pixel 4aの電池持ちレビュー。電池持ちを期待してはダメなスマホ!

 

Pixel 4a Always On Display
対してAlways On Displayを使用した場合、9時間で91%になりました。比較が10時間と9時間になってしまってすみません。

単純計算1時間あたり1%の電池消費です。これを多くみるかみないかでAlways On Display機能を使うかが決まりそうです。

 

まとめ

Pixel 4a Always On Display
Always On Displayを使用した場合、1時間あたり1%の消費となりました。一応、実用範囲内の電池消費量といえるのではないでしょうか。Pixel 4aには通知ランプがありませんので、Always On Display機能を活かすのもありかもしれませんね。

関連記事

Pixel 4aの徹底使用レビュー! 使ってわかった良いポイント、気になるポイント!

Pixel 4aの電池持ちレビュー。電池持ちを期待してはダメなスマホ!

Xiaomi Redmi Note 9Sの電池持ちは? 電池持ち最強スマホはコレ!

Pixel 4aの夜景モードの作例。圧巻の大阪の夜景が撮れた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました