FREETEL Priori4の2週間使用レビュー! Priori4のメリット、デメリット

FREETELから発売された大容量バッテリー搭載スマホ「Priori 4」を使用して2週間が経過しました。サブスマホとして使っていますが、概ね満足しています。やはり電池持ちが素晴らしいです。ですがやはりデメリットもあります。ここではPriori 4を2週間使用して感じたメリットとデメリットをまとめます。

関連記事:FREETELのPriori 4のスペックレビュー! 安い大容量バッテリースマホはこれ!

Priori 4のメリット

充電を気にせずにいられる電池持ち

FREETEL Priori4の電池持ち、バッテリー持ちを徹底レビュー!で書きましたが、Priori4の電池持ちは素晴らしいです。充電速度が速いのもグッド!

わたしはポケモンGOというスマホゲームをしていますが、こいつがなかなかスマホの電池を食います。Priori4の購入前はメインのスマホでポケモンGOをプレイしていましたが、バッテリーの消費に悩んでいました。しかし、Priori4を手に入れてからはその悩みは解消されました。ポケモンGOなどの電池を大量消費するアプリはPriori4で済ませるようになりました。メインのスマホの充電頻度も減り満足しています。

バックカバーが豊富でアクセサリー無しでも使いやすい

バックカバーが6つあるのでカバーを別に買う必要は特にありません。カバーに傷が付いても違う色に変更すればいいだけのこと。アクセサリーを敢えて購入するとしたらディスプレイの保護フィルムでしょうか。

低価格のスマホということもあり、アクセサリーにはお金をかけたくもの。Priori4のデザインを酷評する人もいるようですが、価格の割には頑張っていると思います。Priori4の豊富なバックカバーは非常にありがたく感じました。

Priori4のデザインに安っぽさを感じる人はAsusのZenFone 3 Maxが良いかもしれません。こちらは一応フルメタルボディですからね。

関連記事

ZenFone 3 MaxとPriori 4のスペック比較

Priori4の簡単なバックカバーの取り外し方

シャッター音とスクリーンショット音の消音が嬉しい

日本で販売されているスマホはシャッター音やスクリーンショットの音を消せないものが多いですが、Priori4なら消音可能です。講義でこそっと黒板を撮影したり、電車内でスクリーンショットを撮っても周りの目を気にしないですみます。悪用しなければ消音機能は非常にありがたい存在。地味に嬉しいポイントです。

Priori 4のデメリット

傾きセンサーが怪しい? ポケモンGOのバッテリーセーバー機能が使い辛い

ポケモンGOをプレイして気付きましたが傾きセンサーが怪しいのかなと感じました。

ポケモンGOはバッテリー消費を抑える「バッテリーセーバー機能」があります。バッテリーセーバー機能とはスマホ本体の上部を下に向けると画面が消灯する機能です。

Priori4ではそのバッテリーセーバー機能が頻繁に誤作動します。本体の上部を下に向けていなくてもバッテリーセーバー機能が作動してしまうんですよね。これは非常に惜しいと感じました。

Priori4は低価格ながらジャイロセンサーを搭載し、大容量バッテリーなのでポケモンGOに向いていると考えられている人は多いかと思います。しかし、この傾きセンサー(?)の誤作動のおかげでポケモンGOに最適とは言い難い気がします。勿論、これはわたしが所持しているPriori4だけの初期不良の可能性はあります。

この現象に関してはFREETELに問い合わせをしましたが、わたしの書き方が悪かったのか上手く伝わりませんでした。ただ、このような問い合わせを他には受けていないようです。

スピーカーが背面にあるため音が遠く感じる

このようにPriori4はスピーカーが背面にあるんですよね。これが映画を見ているときに少し不便に感じました。少し音が遠く聞こえるときがあるんですよね。

基本的にはよく聞こえるんですが、映画とかでは囁くように話すシーンがありますよね。そういう場面で聞き辛いんです。イヤホンを付ければ問題ないんですけれども、イヤホンを付けた状態の音質もあまり良くないかなという感じ。音に期待をしないほうが良いと思います。

性能がもう一つ物足りない

性能が全体的にいま一つ足りていない印象です。ブラウジング(ウェブ閲覧)ではページによっては少し引っ掛かりを感じることがあります。ストレスを感じるほどではありませんが、滑らかさが少し足りないように感じます。

ゲームはファイヤーエムブレムヒーローズやポケモンGOをプレイしました。基本的に操作感は悪くないです。ただ、ポケモンGOに関して言うと長時間のプレイは厳しいですかね。FREETEL Priori4の電池持ち、バッテリー持ちを徹底レビュー!でPriori4の電池持ちを調べたときにわかりましたが、具体的には30分連続プレイしているとカクつきだしました。1時間を超えるとストレスを感じるほどカクつきました。ポケモンGOを長時間連続でプレイする場合は一回アプリを閉じないと駄目ですね。

やはりがっつりゲームを楽しみたい人は別の機種が良いかと思います。大容量バッテリー搭載スマホが良ければ雷神が良いかもしれません。

カメラ性能は微妙

設定を見ると一応手ぶれ補正機能がカメラとビデオでありますが、全く実感できません。動画の画質はHDまでですね。

飯テロもできないかな。タコ焼きを撮影してみました。

HDRを試してみました。肉眼で見るのと比べて少し不自然な感じ。

夜景を撮ってみました。悪くはないが良くもない感じ。肉眼に比べてやや暗く写っています。やはりカメラはおまけ程度に考えたほうが良いかと思います。

まとめ:性能はあくまでエントリークラス。サブスマホとしておすすめ

Priori4はサブスマホとしておすすめ。メモリが2GBとはいえチップの性能は低いです。処理能力に期待しては駄目。ただし、LINEなどのSNSやブラウジング程度の用途ならメインとしてもありかと思います。ゲームをしなければ不便なく使えますからね。

個人的にカメラ性能が惜しく感じます。カメラが良ければスマホをハードに使わない人に合う製品だと思うのですが。

売りの大容量バッテリーは名に恥じない性能です。Priori4の性能を知った上で使用すれば悪くないと思います。14,800円の価値はあります。

関連記事

FREETELのPriori4の開封レビュー。外観をチェック!

FREETEL Priori4の電池持ち、バッテリー持ちを徹底レビュー!

FREETEL Priori4のプリインストールアプリとベンチマークスコアをチェック!

スポンサーリンク