Xiaomi Pad 5のスペック解説! 国内販売のAndroidタブレットで唯一の選択肢!

3 min 196 views
atoshimoduma

atoshimoduma

スマホやタブレットなどのガジェット情報を取り扱っています!
スマホはコスパ重視。その中でカメラ性能と電池持ち性能を重視しています。

FOLLOW

Xiaomi Pad 5を購入したのでレビュー前にXiaomi Pad 5のスペック解説をしていきます。

楽天モバイル初めての申し込みでAQUOS sense4 liteが実質1円!

Xiaomi Pad 5のスペック

Xiaomi Pad 5のスペック
ディスプレイ11インチ液晶
リフレッシュレート:120 Hz
解像度1,600 x 2,560(WQHD+)
275 ppi
SoCSnapdragon 860
メモリ(RAM)6GB
ストレージ128GB/256GB
SIM非対応(Wi-Fi版のみ)
GPS非対応
バッテリー容量8,720 mAh
セキュリティ顔認証
スピーカーステレオスピーカー
重量511g
価格43,780円~
その他スタイラスペン対応

Xiaomi Pad 5のスペックは上のようになっています。上のスペックを要約すると、

  • 高性能SoCのSnapdragon 860搭載
  • リフレッシュレート120Hz
  • スタイラスペン対応
  • 高解像度&ステレオスピーカー
  • ハイエンドタブレットなのに43,780円と安め

といったところ。

Xiaomi Pad 5のスペック解説! Xiaomi Pad 5は国内販売されている唯一のハイエンドAndroidタブレット!

今まで国内で販売されていたAndroidタブレットはミドルレンジ~ローエンド帯でした。つまり低性能。何故高性能タブレットが存在しなかったというかとiPadが強すぎたため。高性能AndroidタブレットはiPadとのシェア争いに敗北し市場から撤退しました。低性能なAndroidタブレットを購入するくらいなら、安いAmazonのFireタブレットを買ったほうが良かったわけです。

しかし、Xiaomi Pad 5はAndroidタブレットで唯一iPadに対抗できる存在。その理由を解説します。

Snapdragon 860搭載!

SoC(タブレットの頭脳)にはSnapdragon 860が搭載されています。Snapdragon 860はハイエンドAndroid端末向けのSoCです。なので原神のような重めのゲームや写真編集も軽々できます!

リフレッシュレートは120Hz!

Xiaomi Pad 5のリフレッシュレートは120Hzに対応。リフレッシュレートは画面が何回書き換わったかを表す指標です。数値が高いほど画面が滑らかに表示されます。リフレッシュレートが高いとブラウジングやTwitter、そしてゲームを快適に行えます。

スタイラスペン対応で手書きメモやお絵描きが可能

Androidタブレットでは珍しくスタイラスペンに対応しています。今までだとお絵描きなどしたければiPad一択でしたがXiaomi Pad 5という選択肢が出てきました。

とても軽量でボタンでメモを呼び出したり、スクリーンショットが可能です。

私はApple Pencil第一世代を使っていますが、iPadに接続orケーブル接続でしか充電できないので非常に不便です。対してXiaomi Pad 5のスタイラスペンは充電もとても簡単。Apple Pencil第二世代と同じくタブレットの側面に装着することで充電可能。この方法だと充電のし忘れがありません。

バッテリーは満充電で8時間の使用が可能なそう。

created by Rinker
シャオミ(Xiaomi)
¥12,316 (2021/12/02 21:24:47時点 Amazon調べ-詳細)

高解像度&ステレオスピーカーで動画視聴向き!

解像度は1,600 x 2,560(WQHD+)なのでタブレットとして解像度は高いです。画素密度は275ppiです。画素密度は300ppiを超えると粗さを感じることが難しいと言われています。ちなみにXiaomi Pad 5とほとんどサイズの同じタブレットのiPad Airの画素密度は264ppiです。映像を視聴するにはもってこいのスペックと言えます。

有機ELではなく液晶であることが唯一惜しい点です。

スピーカーも4つあるので迫力ある音響を楽しめます。

Xiaomi Pad 5の注意点

Xiaomi Pad 5のスペック上の注意点について書きます。

GPSには非対応。カーナビ代わりには使えない

タブレットをカーナビ代わりに使っている方も多いかと思いますが、Xiaomi Pad 5はGPS非対応です。カーナビ代わりにXiaomi Pad 5を使うことはできません。

ポケモンGOは検索に引っかからない

また、GPSを必要とするアプリをインストールすることができないケースがあります。例えば、ポケモンGOなどはインストールすらできません。位置情報を利用するアプリを使いたい人は注意が必要です。

セキュリティは顔認証のみ。指紋認証はない

セキュリティは顔認証のみです。iPhoneのようにセキュリティの高い顔認証ではないので、若干外で使うことに不安を覚えるかもしれません。指紋認証ができないことはチェックしておきましょう。

AndroidタブレットだがmicroSDカード非対応

iPadではなく敢えてAndroidタブレットを購入する理由として、microSDカードを使いたいということがあるかと思います。が、Xiaomi Pad 5は外部ストレージ非対応。なのでmicroSDカードは使えません。

Xiaomi Pad 5もはイヤホンジャックがない

これはXiaomi Pad 5を買ってから気付いたのですが、Xiaomi Pad 5にはイヤホンジャックがありません

Xiaomi Pad 5でイヤホンを使って音楽などを聴くには変換ケーブルを使うか、ワイヤレスイヤホンを使う必要があります。

まとめ

Xiaomi Pad 5は、

  • GPS非対応
  • セキュリティが顔認証のみ
  • 外部ストレージ非対応

ということ以外は充実のスペックをしています。AndroidタブレットではXiaomi Pad 5一択と言える素早いスペックです。

created by Rinker
シャオミ(Xiaomi)
¥12,316 (2021/12/02 21:24:47時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA