Redmi Note 9Sの写真作例。Redmi Note 9Sのカメラ性能は?

2 min 475 views
Redmi Note 9S カメラ
atoshimoduma

atoshimoduma

スマホやタブレットなどのガジェット情報を取り扱っています!
スマホはコスパ重視。その中でカメラ性能と電池持ち性能を重視しています。

FOLLOW

Redmi Note 9S
レンズのガラスが割れたので今後作例が増えることはない

Redmi Note 9Sの写真作例をのせていきます。Redmi Note 9Sは販売されてから日が経ちますが、まだまだ人気機種。Redmi Note 9Sのカメラ性能を知りたい人は参考にしてください。

楽天モバイル初めての申し込みでAQUOS sense4 liteが実質1円!

Redmi Note 9Sのカメラスペック

Redmi Note 9S
4眼構成

Redmi Note 9Sのリアカメラ(外側のカメラ)構成は、

  1. 4800万画素広角カメラ
  2. 800万画素超広角カメラ
  3. 500万画素マクロカメラ
  4. 200万画素深度カメラ

です。夜景モード、ポートレートモードなどが使えます。

Redmi Note 9S

インカメラは1600万画素のシングルカメラです。インカメラの作例はありません。

Redmi Note 9Sの写真作例

 

 

Redmi Note 9Sで撮った写真をのせました。食べ物の写真が全くなくてすみません。

同じような写真が2枚、3枚とあるのは普通のオートモード、4800万画素モード、夜景モードで試しているからです。またはHDRのオンオフだと思います。ただ、普通のオートモードと4800万画素モードの違いはあまり実感できないです。

Redmi Note 9Sのカメラを使って感じたことは、

  • 2万円台のスマホとしてはかなり綺麗
  • 夜景モードはそこまで明るく写す能力はあまりないが、白飛びを抑えてくれる
  • 超広角カメラもそこそこ綺麗だが夜景は厳しい
  • マクロカメラは精細
  • 4800万画素モードはいらない
  • ポートレートモードはボケ具合を変えられて良い。ただ、ストローは認識しづらい

といった感じ。Redmi Note 9Sは価格こそローエンドモデルみたいな感じになっていますが、カメラ性能は普通にミドルレンジスマホの中でも良いと感じます。

超広角カメラは歪みは少ないので良き。ただし、超広角カメラだと夜景モードは使えないので、夜景撮影は厳しめ。

夜景モードも悪くないと思います。夜景モードを使ったからといって明るく写してくれるわけではないんですが、白飛びだけはしっかりと抑えてくれます。逆に白飛び以外に関しては通常のオートモードと変わらないイメージです。気持ち明るく写せますが。

Pixel 4aの夜景モードの作例。圧巻の夜景が撮れるスマホ!でPixel 4aとRedmi Note 9Sを比較していますが、白飛びを抑えることだけはPixel 4aより勝っていました。

4800万画素モードは若干精細に写せますが、拡大しない限り通常のオートモードと区別できない感じなのであまり実用性がないです。Redmi Note 9Sは望遠レンズがないので4800万画素モードで撮影して、トリミングして使う──ということくらいにしか使えないかと思います。

ポートレートモードは実用性あり。しかし、ストローは認識しづらいタイプです。

 

関連記事

Pixel 4aの夜景モードの作例。圧巻の夜景が撮れるスマホ!

まとめ

Xiaomi Redmi Note 9S

Redmi Note 9Sは発売されて日が経ちますが、まだまだ使える機種です。カメラ性能が気になっている人は参考にしてください。

 

Redmi Note 9Sの音声SIMのセット販売はこちら

 

関連記事

Xiaomi Redmi Note 9Sの実機レビュー 。3万円以下のスマホならコレ。

Xiaomi Redmi Note 9Sの電池持ちは? 電池持ち最強スマホはコレ!

Xiaomi 「Redmi Note 9S」が楽天モバイル回線対応製品に追加!

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA